6/11(木)開催!ワイン×落語がZoomで融合、無観客のワイン寄席

イベント

2020年6月11日(木)19:30より、ワインやワインイベントの総合サイト「VINOTERAS(ヴィノテラス)」が主宰する、Zoomによる無観客ワイン寄席が開催されます。

落語家がzoomを通じて寄席を行うだけでなく、落語家のイメージをプロがワインで表現。ワインの解説を挟みながら寄席を進行していきます。
寄席のみの視聴は無料、落語家に合わせたワインとチーズ、当日参加する生産者のワインセットは別途有料となります。

イベント情報

以下イベント情報は公式サイトより引用
落語家の金原亭馬生一門の協力により、Zoomによる無観客ワイン寄席を行います。落語家の金原亭小駒氏と金原亭馬治氏が出演。両氏のイメージを持つワインを、ヴィノテラス店長であるダニエル佐々木氏が選択します。ワインの解説を挟みながら寄席を進行していきます。

また、ワインの本場、南フランスのラングドック地方ミネルヴォワでオーガニック農法を営むシャトー・クープローズがフランスからZoomにて現地中継も行います。同ワイナリーは400年続く伝統あるワイナリーで、現在はサラ氏とマティアス氏兄弟により、伝統を引き継いだワインと、酸化防止剤を極力抑えたヴァンナチュールと呼ばれるワインを造っています。

出演者

ダニエル・佐々木

ワインのインポーター、アズマコーポレーション 所属。
ソムリエ・バイヤー
小駒さん、馬治の印象と重なるワインを選びました。
お二人の噺を聴きながら一緒にワイン、チーズをお楽しみください。

金原亭 小駒 × ヴァン・ド・サヴォワ・アビーム

落語家とワインのイメージ
透き通った綺麗な声の持ち主である小駒さん:

最初はややハツラツとした酸味を感じますが、すぐにふっくらした果実の柔らかくもつややかな味わいに変わり、飲み手をとても心地よくさせる余韻のある、石清水のような清涼感のあるワインを選びました。若々しくも品格がある、よく通る透き通った綺麗な声の持ち主である小駒さんのイメージと重なります。

金原亭 馬治 × カデ・ラ・ベギュード

落語家とワインのイメージ
大人の魅力・人生経験というスパイス:

どっしり飲みごたえがありながらも中心に太い芯のようなものがあり安定したストラクチャー。重厚感というよりも、過酷な環境でも自生できる野生のローズマリーやタイムのような、逞しさとしなやかさが感じられます。大人の魅力がギュッと詰まって、人生経験というスパイス感と渋味が備わった印象のワインを選びました。

シャトー・クープ・ローズ

シャトー・クープ・ローズは400年以上前に創業。1975年に村で最初に自社詰めを始めた歴史あるドメーヌです。現在は、写真のサラ・フリッサン氏と息子のマティアス氏により、ワイン造りを行っています。寄席当日はサラ・フリッサンを中心とした、フランスからの生ライブを予定しています。

イベント申し込み

イベントの申し込みは以下よりご確認ください。

寄席のみ(無料)

落語家に合わせたワインとチーズ、当日参加する生産者のワインセット 3,500円(消費税・送料・クール代込)

コメント