二日酔いに良い食べ物や飲み物は?ラーメンやうどん、カレーが良い理由

お酒雑学

お酒は飲みすぎず二日酔いにならない程度に留めることが一番ですが、つい飲みすぎてしまうこともあります。
飲んでいるときは楽しくても、翌日に後悔する二日酔い。頭痛や吐き気、胃のむかつきの症状に悩まされた人は多いのではないでしょうか。
二日酔いは一刻でも早く治したいものですが、どうすれば良いのでしょうか。

無性にラーメンやうどんの汁物が食べたくなったり、フルーツジュースが飲みたくなったりすることがありますよね。
またカレーを食べると早く治ると聞いたことがある人もいるでしょう。

この記事では、二日酔いのときになぜこれらの食べ物が欲しくなるのか、二日酔いに効果的な食べ物や飲み物について解説します。

二日酔いの原因は?

二日酔い
お酒を飲みすぎると二日酔いになることは明らかですが、どこからが「飲みすぎ」となるのでしょうか。ここでは、二日酔いで頭痛や吐き気、胃のむかつきが起こる仕組みとともに説明します。

二日酔いは、肝臓がアルコールを分解できる許容量を越えてしまったときに起こります。

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという物質に分解されたあとは無害なアセテート(酢酸)になります。アセテートは血液とともに全身をめぐるうちに水と二酸化炭素に分解され、息や汗、尿として体外に排出されます。

しかし、アセテートになる前のアセトアルデヒドはタバコにも含まれる有害物質です。過剰な飲酒をすると肝臓ですべてのアセトアルデヒドをアセテートに分解できず、血液中のアセトアルデヒドの濃度が高くなるためその毒性により頭痛や吐き気、胃のむかつきなどが起こります。
さらに、アルコールの刺激で胃が荒れたり機能が低下したり、脱水症状になっているために二日酔いの不快な症状の要因の一つです。

どこからが飲みすぎなの?

先述したように、二日酔いになる原因はアセトアルデヒドの分解スピードをアルコール摂取量が上回るためです。
では、具体的にどれだけ飲むとそのような状態になるのでしょうか。

自分がどれぐらい酔っているかは脳内のアルコール濃度によって判断できますが、脳のアルコール濃度を測ることはできません。その代わりに血液中のアルコール濃度を測定することで「酔いの程度」を判定できます。
血中アルコール濃度は体重と飲酒量で推定することが可能です。

サントリーでは体重と飲酒量を入力するだけで酔いの程度を判定できるツールを公開しています。
酔いの程度をチェックしてみる

酔いの段階は血中アルコール濃度によって6段階に分かれています。お酒を飲むときは爽快期〜ほろ酔い期までで留めておくことを意識しましょう。

酔いの段階 酔いの状態
爽快期 ・爽やかな気分になる
・皮膚が赤くなる
・陽気になる
・判断が少し鈍くなる
ほろ酔い期 ・ほろ酔い気分になる
・手の動きが活発になる
・理性が働きづらくなる
・体温上昇、脈が早くなる
酩酊初期 ・気が大きくなる
・大声でがなり立てる
・怒りっぽくなる
・立つとふらつく
酩酊期 ・千鳥足になる
・何度も同じ話をする
・呼吸が速くなる
・吐き気、嘔吐
泥酔期 ・まともに立てない
・意識がはっきりしない
・言語がめちゃめちゃになる
昏睡期 ・揺り動かしても起きない
・大小便が垂れ流しになる
・呼吸がゆっくりと深い
・死亡する可能性がある

二日酔いのときにラーメンやうどんが食べたくなる理由

ラーメン
飲み過ぎには気をつけていても、気づけば二日酔いになってしまうこともあります。
そして、二日酔いで辛いときでも無性にラーメンやうどんなどの汁物が食べたくなったことがある人も多いのではないでしょうか。これは単にお腹が空いているだけではなく、体がラーメンやうどんに含まれる塩分、水分、糖質などを求めているためです。

お酒には利尿作用があるため飲むほどに体内の水分が奪われ、二日酔いが起こっているときは脱水症状も同時に起きているほか、塩分も不足している状態です。そのため、塩分と水分を同時に摂取できる汁物を体が求めます。

さらに、肝臓でアルコールを分解するためには体内の糖が必要です。肝臓で急激に血糖が消費されると血糖値が下がり(アルコール性低血糖)、それを補うために体は糖質(炭水化物)を求めお腹が空きます。締めのラーメンが食べたくなる理由もこれによるものです。

ラーメンやうどんは、二日酔いのときに不足している水分と塩分、糖質が一度に摂取できるため、体が求め食べたくなると言えるでしょう。

特にうどんは最も効率的に糖質を摂ることができ、油分を含まないことから胃にも優しく消化が良いためおすすめです。卵を加えて月見うどんにすればタンパク質も同時に摂ることができます。また、肝機能向上効果が期待できるクエン酸が含まれる梅干しも合わせて食べると、より二日酔い改善の効果を高められるでしょう。

ラーメンを食べる場合はこってり背脂系のラーメンは胃腸の負担を増やすためできるだけ避け、あっさり醤油や塩系のラーメン、はまぐり出汁やシジミ出汁系のラーメンを優先して選ぶことがおすすめです。

二日酔いにカレーが効くと言われる理由

カレーライス
二日酔いに効く食べ物としてカレーがよく挙げられます。
カレーにはさまざまなスパイスが使われており、中でも「ウコン」とも呼ばれるターメリックにはクルクミンという成分が含まれていて肝臓のアセトアルデヒドの分解機能をサポートする働きがあると言われています。

ウコンといえばコンビニやドラッグストアでも販売されているウコン成分の入ったドリンクが知られていますが、カレーを食べることでも同様の効果があるようです。
二日酔いのときにカレーライスやカレーうどんを食べればウコン成分に加え糖質も同時に摂ることができるため、「二日酔いにカレーが効く」というのは理にかなっていると考えられるでしょう。

また、二日酔い防止のために飲み会がある日の昼食にカレーを食べることも対策の一つです。

二日酔いに効く食べ物・飲み物

トマトジュース
ここまで挙げてきたように、二日酔いになったときにはうどんやラーメン、カレーなどを食べると不足している糖質や塩分、水分を補うことができます。
また、これらと同じ効果が得られて二日酔いのときにおすすめの食べ物や飲み物について見ていきましょう。

トマトジュース

二日酔いになったときはまずトマトジュースを飲むことがおすすめです。トマトに多く含まれるリコピンは二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを抑制する効果があります。また、アミノ酸やクエン酸、糖類は、肝臓でアルコールの代謝を促進する酵素(LDH)を活性化させるため、有毒物質であるアセトアルデヒドを早く分解します。

さらに肝臓の働きを促すGABA、解毒作用のあるグルタチオン、利尿作用の高いカリウムも多く含むため、お酒を飲んでいるときでも積極的に食べると良いでしょう。

果物・フルーツジュース

果物に含まれる果糖は、ほぼ肝臓でしか使われない糖分とされています。そのため、肝臓の働きを助けるために果物を食べると良いでしょう。果汁100%のフルーツジュースも同様です。特にグレープフルーツジュースは、ビタミンCやクエン酸が多く含まれているため肝機能を高める効果も期待できます。

グレープフルーツジュースは二日酔いのときだけでなく、飲み会中も積極的に飲むようにすると二日酔い防止につながりますよ

また、バナナやリンゴなどの甘い果物には電解質も含まれているため、アルコールにより失われた電解質の補給にも役立ちます。

スポーツドリンク

アルコールの分解や利尿作用により脱水状態にある二日酔いの体には、水分と糖分、さらに電解質が補給できるスポーツドリンクもおすすめです。
近年では脱水症状や熱中症に効果があるとされる経口補水液も良いでしょう。

ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツドリンクは糖分の含有量が多く、OS1などの経口補水液はナトリウムの含有量が多いという違いがあります。
味も大きく異なり、特に経口補水液は体が通常の場合はまずく、脱水状態にあるときはおいしく感じると言われています。そのため、自分の体調と相談し飲みやすい方を選ぶと良いでしょう。

ラムネ菓子

ラムネ菓子の主成分はブドウ糖です。ブドウ糖は体内にすばやく取り込まれることから、肝臓がアルコールを分解するときに使うエネルギーを効率良く補えます。
また、二日酔いのときには低血糖であることが多く、低血糖は血中のブドウ糖の濃度が低くなっている状態です。そのためラムネ菓子はブドウ糖を素早く補給し血糖値を上げるためにも役立ちます。

しかし、ラムネ菓子の中には主成分がブドウ糖ではないものもあるため、買う前に原材料をチェックしましょう。

アイスクリーム

肝臓でアルコールを分解するためには、大量の血糖が消費されています。そのため、二日酔いを早く直すためには糖分の補給が必要です。
アイスクリームには糖分が多く含まれており、特にバニラアイスクリームは動物性タンパク質を含む牛乳が原材料に使われています。良質な動物性タンパク質は肝臓の細胞の再合成を助ける働きがあるため、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解をサポートしてくれるでしょう。

また、成分に炭水化物を多く含む「ガリガリ君」もおすすめです。炭水化物がすぐに糖質に変化するため、血糖の上昇はバニラアイスクリームよりも早いという検証結果も出ています。

二日酔いに効く食べ物・飲み物を摂って早く治そう

飲み会
お酒は飲みすぎないことが重要ですが、時には自分が思っている以上に飲んでしまうこともあるでしょう。
翌日の二日酔いは辛いですが、早く直すためには体に不足している水分と糖分、塩分を摂取することが大切です。

食欲があればうどんやラーメン、カレーなどを食べたり、食べることが辛いときにはトマトジュースやフルーツジュース、スポーツドリンクなどを飲むことがおすすめです。

機会があればぜひ試してみてください。